プラセンタ注射を打つ前の準備『P-PREPARE』

TOP

当サイトについて

最近、よく名前を聞いたり見たりするプラセンタ注射。肩こりや腰痛などの身体の痛み、肌荒れや皮膚の乾燥などの肌の問題、それら多くの問題の改善が見込めるとして、最近注目を浴びています。そのため、プラセンタ注射を打ちたいと考える人も多くいるでしょう。そんな人のために、プラセンタ注射を打つ前に知っておいた方が良いことやどうやったら打つことが出来るなど、プラセンタ注射を打つ前に必要な情報をお伝えしていきます。これらの情報が気になる方は、「プラセンタ注射を打つ前の準備『PCOOL』」を読んで下さい。きっと、皆さんのお役に立つ情報が見つかるはずです。

プラセンタの上手な摂取の仕方

プラセンタはいろいろな方法で摂取をすることができます。注射やサプリメント、ドリンク、化粧品など。お悩みにより最適な方法で摂取をするのがベストです。それぞれ、良い点、悪い点などを挙げてみたいと思います。まずは「注射」。美容については即効性を感じることができる。また肝疾患や更年期障害などの治療でも使われており、病院やクリニックで処方してもらうことになります。注射は副作用についても知っておくことが重要です。お手軽さは△。ただし一度注射をすると輸血はできなくなるデメリットもあります。サプリメントは、豚、馬などの種類があり、即効性はないものの、飲み続けると効果は感じられます。体の中から変化していくのを感じることができます。質によって値段もピンキリです。ドリンクタイプは簡単に取り入れられ、即効性もあります。ただ持続性はあまりないので、飲み続けることで効果を発揮するでしょう。化粧品は、外からのケアで、プラセンタ入り化粧品は比較的高価なものが多いです。以上、プラセンタに興味のある人は参考にしてみてください。

プラセンタ注射とサプリメント

プラセンタを摂取するには注射のほかにサプリメントで摂る方法もあります。化粧品にもプラセンタを含んだものがたくさんありますが、ここでは除外します。注射に関しては美容目的のほかに、更年期障害や肝疾患などの治療に充てられるものですが、サプリメントについては特にアンチエイジングに効果的だといわれています。注射は即効性があり、吸収率も良いのですが、効果が2~3日しか持たないというのが欠点です。効果を持続させるには、病院などへ定期的に通わなければなりません。美容目的の場合は保険適用外でもありますし、非常にお金がかかると思ってください。サプリメントに関しては、即効性はありませんが、地味に飲み続けることでだんだんと体が変化していくのがわかるでしょう。金銭的にも手軽に続けられ、効果も実感できると思います。プラセンタ注射とサプリメントを併用して利用していくことがもっとも効果的だと感じますが、目的によって使い分けるようにしたいですね。

プラセンタ注射をご存知ですか?

みなさんは「プラセンタ」というものをご存知ですか?プラセンタは一言で言うと「胎盤」のことです。胎盤は赤ちゃんが成長するために必要な栄養が豊富で、お母さんの子宮とへその緒でつながっています。受精卵が赤ちゃんに成長するまでに大きな役割を持っているものなのです。そのプラセンタは体内で回復能力があるといわれており、人間が本来持っている状態に戻そうとする力があるのです。その効果から、昔から医薬品として使用されていました。「プラセンタ注射」は、厚生労働省から認可されている医薬品で、「ヒト由来」のプラセンタ注射薬(メルスモン、ラエンネック)を皮下、または筋肉注射で投与します。効果は、アンチエイジング効果や美肌などが期待されます。保険適用されるのは、更年期障害(45歳~59歳)の場合(※若年性更年期障害では適用可)や、乳汁分泌不全、慢性間疾患による肝機能障害の場合のみで、美容目的の場合は、保険適用外となりますので注意が必要です。

プラセンタが花粉症に効く?

毎年、春は花粉症に悩んでいる人も多いのではないでしょうか。プラセンタ注射は美容効果だけでなく、更年期障害や肝疾患などの治療にも使われており、信頼性は高いものです。そんなプラセンタが花粉症に効くのではないか、と最近注目をされています。医学的にはまだ証明はされていませんが、プラセンタに含まれる成長因子が細胞の再生や修復を助ける働きをしており、体に入るアレルギー物質を異常なリンパ球とみなし取り除く助けをするといわれています。よってアレルギー体質が改善され、これは花粉症に効果があるのでは、とされているのです。胎盤は、免疫抑制物質というものが含まれ、胎児を異物と間違って攻撃しないようにするものです。この免疫抑制物質は「IgE抗体」を作らせないように抑制させます。最近では、耳鼻咽喉科などでプラセンタの注射や薬による治療を行っている医療機関も増えてきています。注射は即効性もありますので、花粉症の人は一度来院して相談してみるのも良いかもしれませんね。

メルスモンとラエンネックの違い

プラセンタ注射には厚生労働省に認可されている2種類の製剤があります。「メルスモン」と「ラエンネック」っというもので、それぞれに特徴があります。「メルスモン」は更年期障害や乳汁分泌不全の治療に用いられます。これらは治療薬として保険適用が認められています。1回1本500円程度で打つことができます。「ラエンネック」については肝機能障害の症状について効果を見込めます。ラエンネックはプラセンタエキスの量が多いため、注射の痛みは強いです。メルスモンは皮下注射のみ。ラエンネックは皮下または筋肉注射で行います。どちらの注入も静脈への点滴は禁止されています。点滴をすると、ショック状態に陥ることがあるため、認可はされていないのです。ビタミン剤など混ぜて点滴しているクリニックもありますが、避けた方が無難です。また、保険適用ができるのは更年期障害や肝機能疾患だと認められる場合のみで、美容やその他の目的でプラセンタを打つときは保険適用外となります。

フリーエリア

カテゴリー